脱毛サロンでよく耳にする毛周期とは

ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_s

毛周期には成長期と休止期があること

毛周期とは、体毛が生えるまでのサイクルのことです。体毛がどんどん成長してくる期間を成長期と言います。成長期が終わってしまってからは退行期と呼ばれ、毛が老化して抜け落ちる期間を休止期と呼びます。古い体毛が抜け落ちてしいまい、これから残っていく毛が新しく生えてくるまでのサイクルを休止期といいます。
 
成長期には毛母多細胞が分裂をすることにより、新しい産毛が皮膚の下から表面に出てきます。退行期というの毛母細胞の分裂が終わることにより、毛穴から新しい毛が生えてきて新たに成長を始める期間です。この後休止期では、毛乳頭から毛がぬけることにより、毛母細胞が再び分裂を始めることを待つ休暇期と言えるのです。

 

体毛に寿命はあるのか

体毛にはそれぞれ決まった寿命があるので、成長しては抜けることを繰り返しているものです。毛周期についていは人により違いはあるのですが、サイクルは大体2~4ヶ月と見ておきましょう。毛周期は生えている部位により違うものです。
 
例えば脇は、成長期が4カ月で全体の30%が成長します。進行期と休止期は3カ月で、全体の約70%となります。つまり、毛の一本一本にサイクルがあるということなのです。脚の場合はこの比ではなく、成長期と休止期が4ヶ月となり、退行期と休止期が3カ月となります。

 

脱毛エステに通う場合は、自分の毛周期について把握しておきましょう。毛母細胞と毛乳頭がのこっていると、毛が再生されるものです。永久脱毛エステに通う際には、毛周期に合わせて、成長しているムダ毛に照射することにより、毛母細胞を破壊すという方法になります。

関連記事