医療レーザー脱毛の概要

nurse_50pose022

脱毛エステサロンで脱毛を行う際は、自分に合う脱毛方法を選択することが重要です。サロンごとに様々な脱毛方法があり、方法ごとに特徴は異なるからです。特に永久脱毛の主流となっているのはレーザー照射による脱毛方法で、手軽に家庭で使える脱毛機器も、このレーザータイプの機器が数多くリリースされているぐらいです。
 
レーザー光には特定の色素に吸収される特性があり、毛根の黒色や茶色といったメラニン色素に反応します。そしてそのメカニズムを脱毛技術に発展させたのがレーザー脱毛というわけです。皮下組織の毛根部分には毛を作り出す毛包があり、この毛包にレーザー照射を行うと毛根を含む周辺組織全体にダメージを与えることができます。

 

ただし、メラニン色素が含まれていない白髪であったり、無色透明に近い産毛などにはレーザーが反応しないため、脱毛を行うことができません。レーザー照射は医療行為として認定されていますが、クリニックで行う医療レーザー脱毛とは別に、脱毛エステサロンでもレーザー脱毛が導入されています。

 

エステサロンのレーザー脱毛と医療用レーザー脱毛の違い

クリニックで行われる医療レーザー脱毛とエステサロンでのレーザー脱毛と比較する、照射出力に差があります。医療レーザー脱毛は高い出力で照射を行い、高い脱毛効果をもたらしますが、エステサロンでのレーザー脱毛は弱い出力での照射を行っています。

 

効果が高い分、クリニックでの施術のほうがエステサロンよりも割高になるケースが多いようですが、毛穴や皮膚へのダメージの恐れはなく、安全性が高いのが大きな特徴です。また施術時の痛みについても多少の刺激を感じる程度であり、体全体のどんな箇所も施術できます。脱毛を行うことで毛穴が縮小され、きめ細かい肌になるという効果も期待できます

関連記事