ムダ毛を自己処理することのマイナス面とは?

64a160b2b13714701ec934966da592c4_s

自分でムダ毛処理する場合の注意点

あなたは、どのようにご自身のムダ毛を処理しているでしょうか。カミソリや電気シェーバーでムダ毛を剃る、毛抜きでムダ毛を抜く、脱毛クリームや市販の脱毛ワックス、はたまた脱毛テープを使ってムダ毛を自分で処理するなど、自分でムダ毛を処理する方法は色々あります。また、ムダ毛を脱色することで目立たなくしたり、ムダ毛を細くして目立たなくする抑毛というものもあります。

 

しかし、いずれにしても、ムダ毛を自己処理する場合には定期的に処理をし続ける必要があり、とても面倒なものです。しかも自己処理は間違った方法をやり続けてしまったり、ういうっかりして起こる処理のミスなどで肌へ負担をかけてしまうことも多く、処理したあとが傷んだり黒ずんだり色素沈着したりしてしまうなど、肌トラブルを起こす原因になりがちです。

 

また、手間はかかるけれど剃るよりも抜くほうが仕上がりが綺麗になるので頑張って抜いている人もいますが、肌への負担は抜くほうが大きいので、後々問題が起こる可能性もあります。どんな場合でも、自己処理をするときは、肌を清潔にして行う、温めてから行う、処理した後は肌を冷やすなど、ムダ毛を処理する際の肌への負担をできるかぎり少なくし、処理後のケアを十分に行うことが大切です。なお、生理前は体の免疫力が下がっているので、ムダ毛の処理を行うのは避けたほうがいいでしょう。

 

専門家へ行くか、自己処理か

このように、ムダ毛を自己処理し続けることは可能なのですが、問題も多く手間もかかります。面倒だから処理をし続ける手間を省きたい、もう余計な肌トラブルを起こしたくない、いつでもムダ毛のない綺麗な肌にしておきたい、うっかり処理を忘れてしまって恥ずかしい思いをしたくない、などという場合は、エステでの永久脱毛というのはとても魅力的な選択肢でしょう。

 

しかし、エステに行くのは人目が気になる、値段が気になる、時間がない、と躊躇してしまう人も多いようです。そんな人たち向けに、自宅でエステサロンのように光を照射してムダ毛処理をできる脱毛器も市販されています

 

これなら人目を気にせず自宅で気軽に利用することができますし、ある程度きれいに仕上がることもあって人気となっています。しかし使用者と製品の相性によっては光が強すぎて肌を痛めてしまったり、逆に光が弱くて効果がなく上手くケアができないという場合もあります。

 

商品自体、光が目に当たるととても危険で取り扱いに注意が必要なものですし、誤った使い方をしてしまえば、抜いたり剃ったりする場合以上に余計なトラブルが発生しかねません。そんな面倒な自己処理を悩んだり肌を痛めたりしながら試行錯誤し続け、いろいろな商品に手を出して出費を増やすより、いっそ思い切って専門家に頼り、一気に解決してしまうというのもいいのではないでしょうか

 

気になる部分だけ永久脱毛にチャレンジすることができるなど、脱毛エステの選択肢は豊富ですし、格安で受けることのできるコースというのもあります。まずは試しに、ということもできるのです。自己処理の手間や肌トラブルの問題などを考え、色々な方法を探ってみてください。

関連記事