脱毛サロンで脱毛を行うことにより、色素の沈着は防げますか?

57eefa12885e9f203abcf30cf920e80c_s

瑞々しく透明なお肌にとって、色素が沈着してしまうということは致命的です。色素沈着は紫外線を浴びることにより、その害を防御しようと分泌されるメラニン色素が、うまく排出されずに皮膚上に残ってしまうことから起こります。あるいはアレルギー症や肌荒れなどから、その炎症部分が完治することなく、色素として沈着してしまうこともあります。

 

長い間シェーバーやカミソリなどの鋭い刃でもってムダ毛処理を行ってきた方は、これによってお肌が荒れそのためにお肌の上に色素となって残っているということもありがちです。両脇も同じことで、長い間自分で自己処理を重ねてきたために、お肌が荒れてしまい、その結果お肌自体が劣化してしまい、黒ずんでしまうのです。
 
カミソリなどの鋭利な刃は、ムダ毛だけでなく、皮膚の細胞にもダメージを与えます。カミソリ以外にもたとえば毛抜きなどで無理な処理を続けているうちに、毛根が広がってしまいぽつぽつとした穴となって表れてしまいます。

 

ムダ毛を自己処理することには限界があります。エステなどでの脱毛施術を受けるようになると、このような肌荒れは徐々に収まっていくことが期待されます。ただしレーザー脱毛に関しては、レーザーが色素を狙って働きかけるので、あまり効果がない場合もあります。

 

もっとも一般的なフラッシュライト脱毛であれば、色素沈着を緩和することも出来るようですので、色素沈着が気になる方は、まずはカウンセラーに尋ねてみることをお勧めします

関連記事